お願いあたしより先にその夏服を着ないで

 

 

更新をサボっていた。

 

 

相変わらずわたくしめは、あの人の優しさに翻弄されている。

 

 

中華料理屋さんにも行ったし、たこやきはもう3回くらいしたし、春巻きも作ったしカレーも作った。一昨日は沖縄料理も食べに行ったなぁ

 

 

 

仕事も忙しくなり、その合間合間の息抜きがあの人で、

わたしこのままだといよいよ他の恋愛をできなくなると危惧している。

 

1日が仕事と野球とあの人だけで構成されている、、

 

とにかく今は仕事でいっぱいいっぱいで、新しい恋愛をする気にもなれないわ、やばいな

 

 

このまま26歳を迎えるのか〜

 

あと1ヶ月。もない。

 

 

あーーーーあした。いや今日。

がんばってみようかなぁ。

引かれるかなぁ。反応悪かったらぜんぶなかったことにして、次に進もう。

忘れてく思い出は計り知れない

きのう。どようび。

 

あの人が夕方用事あるからって、朝お子さんを保育園に預けて奥さんは仕事で、1日自由時間だったらしいので。

 

お昼頃に最寄り駅近くの気になっていたカフェでごはんを食べて、(おいしかった)

少し下った駅に降りたちラウンドワンへ(笑)

まさか自分たちもラウワンに行く日が来るとは、、(笑)

 

ボーリングをして、ゲーム機みたいなのでちょっと遊んで、UFOゲームをして、卓球で白熱した(笑)

 

卓球たのしかった〜〜

体動かすのとってもたのしい!

 

 

ラウワン行く前にあった大きい神社に寄り道したのもよかった(^^)

 

 

 

渋谷へ行って彼は用事して、わたしはお散歩。

結構歩いたな〜

GW中に増量した身体を取り戻さないと、、

 

ということで、太ももシェイパーを購入、、

 

f:id:vatelen:20180513120150j:image

 

あと食事においても食べすぎないように注意しよう

 

 

 

話はそれたけど、

休日に会うのははじめてで、

ずっと一緒にいるのはとっても楽しいね、やっぱり。

 

 

人目もはばからず手を繋いで、抱き合って、キスをして。

 

多幸感が溢れる。

 

それでも今日は、家族でお出かけでしょう

母の日だもんね

 

かゆい所は指で隠して嘘じゃないよって嘘をついてきた

一昨日大学の先輩たちと飲んで、

普段飲まない先輩たちだったし楽しくてしかもしょたろさんと0次会でたくさんお酒を飲んでしまってしまったがためにひさしぶりに記憶を飛ばしてしまった。失態、、

 

 

全く覚えていないけれど、

あの人に連絡をしていた、お話があります って。

 

それについて言及はしてこないけど勘付いているよね?

 

私がべろっべろに酔っぱらうと、

どうしようもなく寂しくなって

どうしようもなく悲しくなって

どうしようもなくあの人が憎くなって

どうしようもなく会いたくなる

 

 

だからもう終わりにしたくって、でも一言が言えない。

 

 

果たして本当に言おうとしているのだろうか?

引き止めて欲しいから示唆しているだけなんじゃないか?

 

 

 

 

 

 

お揃いのサンダル。

f:id:vatelen:20180507234439j:image

 

 

社内での、二人だけの秘密。

 

 

 

 

思った以上に静かにこんなに早く夏がくる

連休。

あの人からの連絡は一切なし。

 

先週は飲み会続きだったから奥さんに罪悪感もってそう。

1日も私との約束があるし。

連休はちゃんと家族の時間にしようって。

思っているんでしょう?きっと

 

 

 

あの人と距離を置くための連休。

あの人なんていなくても大丈夫だって思う連休。

 

 

ちょうどいい。

 

 

 

わたしも歩き出そう!

 

先日あの方とお話ができて、溶けてしまうかと思った、、

顔赤いって笑われたけどそんなのいいよ、着実にわたしがあの方のことを考える割合が多くなってきている

はぁ、、、やっぱりいいなぁ

もっと知りたいなぁわたしのことを好きになってくれないかなぁ両思いになりたいなぁ

 

なんて。

 

振り向いてくれるようないい女性になりたい

 

 

もっと緩やかに季節が過ぎていってるのかと思ってた

もうすぐ2時間経つけど、あの人からの返事はまだこないなぁ

 

娘さんのお世話してるのかな

 

それとも

 

奥さんと仲良ししてるのかな

 

 

 

 

 

 

週末はあの人の過ごす時間と頭の中にわたしはいないってことわかっているのにな

 

 

 

 

昨日の金曜日もね、

もしかしたら飲み会の後にわたしの家来てくれるかも、なんてとんでもなく恥ずかしくて痛い妄想をしていた。

 

たった1日。朝から晩まで一緒に居た水曜日で、わたしはなにか勘違いをし、自意識過剰になり、調子にのっていたね、

 

あの人には帰る家があるんだよ

 

何を期待していたんだろう(笑)

 

 

 

 

 

 

愛する妻子が待つ、安らぎのある帰る家があるんだよ。

 

 

 

 

 

 

わたしはなんなんだろう?

 

あの人にとって、わたしってなんなんだろう??

 

 

 

 

いつか聞いてみよう

 

夜風に二人溶け合うまで黙ったまま愛を伝えたい

 

はじめて。はじめて2人で遠出をした。

はじめて一日中一緒にいた。

 

 

私は振休で、あの人が有休をとってくれて、朝からずっと2人でいたなぁ。

 

ずっと、ほんとに一日中ずっと楽しかったの。

 

よこはまってなんでもできるや、、、ともう尊敬、、

 

 

動物と触れ合い、中華街で食べ歩き、ビール片手に公園で港を眺めながらまったりし、ぷらぷらショッピングをしてあの人の好きなものに対する興奮を見て(笑)、遊園地の乗り物で騒ぎ、お揃いのものを買おうってまたぷらぷらして、おいしいお刺身と貝と牡蠣を日本酒のつまみにして食べ、寄り添いながら電車に運ばれて私の家に帰り、気持ちをぶつけ合って。

 

 

 

左手の薬指のね、指輪を外してくれていたの。

 

あっないんだ、って気づいたとき、嬉しい気持ちと、なんだか泣きそうな昂りが出てきた。

外したのは、きっとこの日を私とちゃんと楽しんでくれようとしたのと、奥さんへの、罪悪感、もあるんだろうなぁって。

 

誰のために外したんだろう?って深く考えそうで、やめた

 

 

 

 

 

 

ほんとにずっと手を繋いで、隙あらば距離を縮めて、微笑みあって、お互いのことを思いやって。

 

こんなに多幸感に溢れるの、抜け出せなかったらどうしようって。こわくなった

 

仕事終わりに飲み行くのとわけが違うよ

 

 

一日中一緒にいて、改めてあの人のことを魅力的だなと思ったし、こんなに想って大事にしてくれる人いるのかなと思う。

あの人のやさしさは、いつも居心地がいい。

 

あの人の発する言葉は、ちょうどいい。

 

おふざけの掛け合いも、求めていた言葉をくれる。

 

手を繋ぎたいなと思って伸ばした先には包み込んでくれようとしてる手が待ってる

 

欲しいときに欲しいものをくれるの、あの人は

 

 

 

 

 

昼間からビール飲みながら中華街ぷらぷらしたいなと思っていたら、あの人も同じことを考えていたこと。

 

 

 

 

天気予報は雨でがっかりしてたけど昼以降は晴れ間がさしたこと。

 

 

 

エスカレーターで登り下りするとき、頭預けさせてくれるかくっつけてくれたこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お揃いの社内で履くサンダル買うことになって、とてもウキウキしてるのわたし。

 

 

なんかお揃いのもの買おっか、

って言ってくれたとき嬉しかったなぁ

 

 

 

お揃いのものまで買っちゃって、わたし抜け出せるのかなってはじめてこわくなった。

 

今までは、いつでも引き返せる大丈夫早くかれしつくろう って思ってたけど

 

楽しさと、お揃いのものを持つということからくる少しの占有感とかで、なんだか1つ上のステージにいってしまいそうな気がする…

 

 

このままだとやばいかも??と思い始めた

 

 

すき。

 

 

こんなに他人に気持ちを伝えたくなるのは初めてだ

 

 

だけど抜け出せなくなる前に

右手を繋いで、優しく繋いで真っ直ぐ前を見て

あの人と、お花見した(^^)

 

花見場所をたくさん調べてくれたのうれしかった

前夜には寒くなるってお天気ニュース共有してくれたり

やさしいなぁ。やさしさがうれしい。

 

 

 

 

ライトアップに照らされた有名な花見場所もいいけれど、誰もいない穴場スポットでゆっくりするのもいいなぁとなって近くの駅の誰もいない公園で、酒を片手に遊具にのぼってケラケラ笑ってた酔っぱらい2人(笑)

 

 

私くらいにしか話せないと言うくだらない(笑)武勇伝を話してくれたり、思い出話をしてくれたり。

 

たのしかったなあ

 

ほんと、たのしかった。

 

 

 

いつもは終電で帰るあの人が、酔っぱらってかなんなのか「まだ帰りたくない一緒にいたい」って駄々こねるように言うから、愛おしいと思ってしまった(笑)

 

 

始発まで一緒にいれたの とってもうれしかった

 

何回好きって伝えたかな

何回好きって言ってくれたかな

 

数えきれないほどの言葉と、キス。

 

 

ずっと抱き合っていた気がする

何度も求めあって、でもそれがはしたないとか嫌だとかは一切なくて、ただ好きな気持ちと多幸感でいっぱいになるんだよなぁ

こんなの初めて